賃貸のお部屋だってこだわりたい 希望にピッタリの賃貸物件を探しましょう!

目次

  1. レンタルオフィスについて
  2. 賃料は設備費用が含まれるレンタルオフィス
  3. レンタルオフィスでの会社設立について
  4. 人脈づくりに繋がるレンタルオフィスのラウンジ
  5. レンタルオフィスの登記の手続き
  6. レンタルオフィスに住む方法について
  7. ネットショップの開業には欠かせないレンタルオフィス
  8. 共有スペースで起こりがちな レンタルオフィスのトラブルとは

レンタルオフィス

ずっと小規模を保ったまま会社として活動を行っていくのではなくて、いつかはもっと大きな会社にして活動していきたいと考えているのであれば、レンタルオフィスだと対応しやすいかもしれませんね。

会社を大きくするためにはタイミングも重要になってくる事もあるでしょう。

普通のオフィスであれば、事務所の契約がなかなか切れなくて、時には二重で賃料を支払わないといけない場合が出てくる事もある様です。

しかし、レンタルオフィスであれば、短期間で契約を行っていきますので、特に難しく考える必要もないでしょう。社員が数人ほど増える程度であれば、オフィスの中だけで対応できる事もあるでしょう。

使い心地の良いサービスが充実したレンタルオフィスについて

賃料は設備費用が含まれるレンタルオフィス

事務所を構えるときに手軽に借りられるのがレンタルオフィスです。貸事務所を和製英語で呼ぶ事と間違われますが全くの別物です。

レンタルオフィスは業務を行う上で必要な机や椅子といった設備が備えられて、すぐに利用することができる事務所を言います。

貸事務所は事務所をひらくための空間を借りるので不動産屋を介す必要があります。礼金や仲介手数料、設備費用など多額の費用がかかります。

賃料は設備費用が含まれるレンタルオフィスの方がかかってしまうので、長く使う場合は良く考える必要があります。貸事務所もレンタルオフィスもメリットデメリットがあるので自分にあった選び方をすることが大切です。

レンタルオフィスでの会社設立について

起業家が会社設立やマーケティングなどについて学べるスクールというのも増えている様です。経営について何も知らずにレンタルオフィスを借りて会社設立を行う事に対して不安を抱く人もいる様です。

実践の中でいろんな事を身に付けた、という人もいる様ですが、事前に勉強しておく事で、スムーズに問題を解決できる事もあるかもしれません。

しかし、レンタルオフィスでの会社設立というのは本を広げて勉強しただけでマスターできるというものではなく、経験から学ぶ事も多いみたいです。テキストからだけでは学びきれない事も多いのではないでしょうか。

すべてをテキストに頼らず、参考にできる部分は参考にして、それ以外については経験から学ぶ事も多いのかもしれません。

人脈づくりに繋がるレンタルオフィスのラウンジ

現在は貸事務所より初期費用が安いレンタルオフィスの利用者が増えています。貸事務所を契約すると敷金や保証金など、高額な費用が必要ですが、レンタルオフィスなら5万~10万円程の費用で入居できます。

また、デスクやコピー機など必要な設備が揃っていたり、会議室を予約する事も出来ます。他にも様々なサービスがあり、必要なサービスをオプションで追加したり、ラウンジで他の起業家たちとコミュニケーションをとる事が出来ます。起業したばかりの頃は人脈も少なく、活動の幅が限られているので進んでコミュニケーションをとるといいでしょう。

レンタルオフィスの登記の手続き

レンタルオフィスを新しく契約するにあたり、物件の登記の手続きを取らなければならないケースがあるため、まずは信頼のおける不動産会社のスタッフと話し合いをすることが良いでしょう。

最近では、司法書士などの法律家のサポートを受けながら、物件選びに取り組んでいる傾斜も増えてきており、いざという時に備えて、コストパフォーマンスの良い物件の選び方をマスターすることが大事です。その他、レンタルオフィスの登記の手続きの進め方に関して迷っていることがあれば、プロのスタッフがそろっている法律事務所に相談を依頼することがコツです。

レンタルオフィスに住む方法について

レンタルオフィスに住むためには、様々な手続きが必要となりますが、まずは腕利きの従業員が揃っている大手の不動産会社に相談を持ち掛けることが良いでしょう。一般的に、低価格の物件のメリットについては、初心者であってもすぐに把握をすることができ、住環境の良しあしにこだわりながら、契約プランの選び方をマスターすることが大事です。

また、利用価値の高いレンタルオフィスの契約のタイミングに関しては、多くの経営者の間で興味深い事柄として扱われることがありますが、短期間のうちに必要なノウハウを習得することが望ましいといえます。

ネットショップの開業には欠かせないレンタルオフィス

昨今では個人でも気軽にネットショップを開業できるようになり、本業の傍ら趣味の範囲から本格的な事業となるまで様々な人がネット上で開業していますが、その際に問題となるのが事業所の住所です。

中にはトラブルになることを嫌って自宅の住所を使いたくないという人もいますが、その際にはレンタルオフィスを利用すると良いでしょう。多くの在庫を準備して事業を立ち上げる際にはもちろん便利ですが、実際には部屋を借りないバーチャルのレンタルオフィスもあり賃料を抑えることができますので、トラブルを避けるだけではなくコストを抑えた事業展開にも役に立ちます。

共有スペースで起こりがちな レンタルオフィスのトラブルとは

来客にも対応できるレンタルオフィスは、 応接タイプの家具を揃えた 専用のスペースをもうけているケースもありますし、会議室用タイプもあります。これらは、スケジュールをみながら利用することが可能です。

ですが、どうしてもルールに縛られてしまうため、そこは納得するしかありません。他と共有することで、トラブルを生じるケースもありますが、そこは近隣のいざこざと変わらないものです。

ちょっとしたトラブルも覚悟が必要です。ですが度合いによっては、管理会社などに相談することも必要かもしれません。共有する人が、すべて安心ということではありませんので、防犯としての安全対策も考慮しておくことが必要です。

レンタルオフィスに関する関連記事


「こだわりの部屋 納得のいく物件を探す!」では賃貸物件やレンタルオフィス、カーテン・オーダーカーテンといった情報をご紹介しています。お問い合わせに関してはこちら。大阪の梅田、本町、北浜などの事務所についても掲載中。