賃貸のお部屋だってこだわりたい

ひだに注目して買うカーテン

これからカーテンを買い換える予定がある人は、ぜひヒダにも注目して買いたいですね。たくさんひだが入っている物は、たくさんの生地を使用していますので、その分だけ費用も高くなる傾向にあります。

また、模様が入っている生地であれば、模様がきれいに見えたり、そうではなかったりする事もあります。

ひだには3つ山の物と2つ山の物があるそうです。どちらのひだがいいとは言えず、どんなカーテンが欲しいのかという事によって、選ぶといいでしょう。

また、ひだがあるタイプの物だけでなく、ひだがないカフェカーテンの様な構造の物もあります。ひだによって見え方はかなり違ってくる事もあるので、意識したいですね。

大事なカーテンのラベル

ついカーテンを購入するとなると、見忘れてしまいがちですが、ぜひ裏面の目立たない所に設置されている事が多いラベルについても注目してみましょう。

カーテンに取り付けられているカーテンには、洗濯の方法などが明記されています。

他にもカーテンに燃えにくい機能が付いている場合などには防炎と記載されている事もあると思われます。そしてカーテンにどんな素材が使用されているのかなど、基本的な情報が記載されている場合が多いと思われます。ラベルに記載されている内容というのは、使い勝手に影響する事もあるかと思われますので、よく把握しておく様にしましょう。洗濯機が使用できる場合には取り扱いやすいでしょう。

光の調節がしやすいカーテン

部屋が暗いと感じる時には明るくしたいですし、明るすぎる時には、もう少し暗くしたい事もあるでしょう。そんな時にはカーテンを開け閉めする事によって、日光をどの程度取り入れるのかという事を調整できる事もあります。

また、レースのカーテンを併用する事によって、さらに調節がしやすくなる事でしょう。

好みによって暗い方がいい人は遮光性が高いカーテンを選ぶ事で実現できますし、明るい方がいい場合には遮光性が低いカーテンをあらかじめ選んでおく事もできます。

カーテンを選ぶ際には、家でいる時間が長いかどうか、もしくは家でいる時には何をして過ごす事が多いかという事を考えるとヒントになるでしょう。

新しくカーテンを購入したい時には

カーテンやカーペット、じゅうたんなどを購入したい場合、近年では、インテリア商品を扱う店舗だけでなく、インターネットショッピングなども気軽に行えるようになりました。またオーダーメイドによる制作も手軽に行うことができ、費用を安く抑える工夫が行われている店舗も数多く見受けられます。

国産ブランドのカーテン生地や、インテリアメーカーとコラボレーションされた商品が幅広く取り扱われており、自分の好みや用途に合わせたデザインなどが選び出せることも特徴的です。新しくインテリアを変えたい時や、引っ越しをする時など、目的も様々です。

カーテンやオーダーカーテンに関する関連記事